もし安く買った株が急激に株価を上げたら興奮しませんか?そんな夢やロマンが詰まった低位株に注目してみましょう!

お金と為替レート
  • ホーム
  • テンバガーを達成する低位株の見つけ方

テンバガーを達成する低位株の見つけ方

為替レート情報

日本の有名な投資家の中では、株価が大きく下落をした低位株を購入して数年後に大きく価格が上昇した後に売却することを繰り返すことで成功している人がいます。
誰も見向きもしなくなった低位株というのは、経営が改善をした時には時価総額が10倍以上になるほどのポフォーマンスをみせる時があります。
そのため、株価が10倍以上になるテンバガーを達成するには、大化けをする低位銘柄へ投資するのが効率的となっています。
テンバガーを達成する銘柄の見つけ方としては、まず社会に必要とされる製品を生産していることが挙げられます。
社会から必要とされている会社は、たとえ倒産寸前だっとしても経営改革を断行することで会社が甦る可能性が出てきます。
また、コア商品があると新たな用途を発見したり、新業態への参入を果たすことで業績がV字回復していくことも期待できます。

次にテンバガーを達成する銘柄としては、商品の偽装や不正会計などの不祥事を起こして一時的に経営が苦しくなっている企業が挙げられます。
企業が重大な不祥事を起こすと、上場廃止になる恐れがあることから投資家は一斉に株式を売りに出すことになります。
しかし、上場廃止までにはならない不祥事であれば、数年後には株価が急回復をみせることがあります。
企業の不祥事というのは、経営の幹部が関与していることが多くなっています。
そのため、企業の経営管理が一新されると、健全な経営が行われることが期待できるようになります。
不祥事を起こした企業の中では、元々は市場をリードするような技術を保有しているところがあります。

そのため、特別損失を出した翌年の決算からは、業績が黒字に転換する可能性が出てきます。
業績が赤字から黒字になる瞬間は最も株価が上昇しやすくなっており、投資でテンバガーを達成することも夢ではなくなってきます。

関連記事